百段階段の怪~六区・十三階楼調査記~


わたしは伊佐崎八葉(いさざきやつは)という。浄書を生業としているが、何の因果か帝都勅命軍・第零番隊、通称「霊課」の雇われ軍人をやっている。否、雇われですらない、非常勤である。傭兵といえば手練れのようだが、実際にはは舶来の言葉でいうところの「アルバイト軍人」である。
何故そんなことになったかというと、ある日突然視えてほしくないものが「視える」ようになってしまったからなのだが。

「どうしたんです? 八葉さん。そんな苦虫を噛み潰したような顔して」

のほほんとしたその声の主に視線を送る。真っ先に目に入るのは帝都に於いては珍しい金色の髪だ。しかも長く癖があるので余計に目に立つ。ひょろりと細いが思いの外高い上背に木綿の薄い外套をひっかけて、髪を隠すためなのか、申し訳程度に頭の上に鳥打帽を被っている。例えるならば頭に殻はかぶっているが尾を隠し忘れたひよこである。眼鏡でやや紛れてはいるが、異様な黄緑の光を持つ睛が、空から落ち始めた夜の足元に浮いている。

こいつこそがその、「何の因果か」の、因果の元凶である。

「……おまえの顔を見たおかげで噛み潰す苦虫が一ダースに増えた気分だ」

わたしは眉を顰めて応える。

「嗚呼面倒くさい。お国の命とはいえ、何故アルバイト風情のわたしが「怪異」の調査報告などせねばならないのか」

「それはたいへん。さっさと仕事(バイト)を終わらせてその苦虫を駆除しないといけないですね」

しかも何故こいつと一緒なのか。わたしにとってはこいつこそが元凶であり、危険分子であり、最も面倒な相手であるというのに。

「おまえを先に駆除した方が効率的に、かつ永続的に苦虫を駆除できるんだがな」

「ひどいなあ、僕、ちゃんとボディーガードとしては役に立ってるじゃないですか~」

間延びした緊張感のない語尾に苛つくが、確かにこいつは護衛としては優秀なのである。特に、対・怪異となれば尚のことだ。

こいつはヒトの形をしているが、ヒトではなく怪異である。本人曰く「獏」、ユメを喰らうバケモノだ。この街では霊や物の怪による現象や、その本体そのものを総じて「怪異」と呼ぶ。そして軍では実体のないものを「魂(こん)」、実体のあるものを「魄(はく)」と分けている。
魂魄(こんぱく)という言葉があるが、前者は精神、後者は肉体に宿るものをあらわす。実体のない前者は幽霊や残留思念を指し、こいつは後者、実体を持つ、所謂妖怪・物の怪の類になる。
わたしはこいつと接触したおかげで、突然そういった異界のものが「視える」体質になってしまった。おまけに「対抗する」、「祓い」の力まで微弱ながら発現してしまったため、法の定めるところに則って帝都勅命軍への臨時登録を余儀なくされたのである。怪異の多いこの街では、「祓い」の力は国の財産に帰属するのだ。

しかし奴の言によれば、この祓魔の能力は元々の血筋だという。かつて「ユメ」の力を魔を滅することに使っていた一族がいたとかで、わたしにはその血が流れているらしい。幼い頃に両親を事故でなくしているわたしには、己の系譜のことなど今更知る由もないのだが。

「八葉さん」

獏が再び呼びかける。煉瓦を擦る靴底の音が止まる。

「ほら、現場に着きましたよ。うわぁ、夜に見るとなかなかの風情ですねえ。
——帝都の観光名所にして、その高さゆえに自殺の名所でもある、第六区名物、十三階楼」

その言葉に目を上げると眼前の黄昏の中には、瓦斯灯では及び切らぬほどの高さで闇に輪郭を半分溶かした塔が、その異容を示して聳えていた。

 


軍に報告された「怪異」のあらましはこうである。

【十三階楼にある「百段階段」の段数が「増える」という。増えた階段を踏んだ者は怪異に襲われる。いくつかの噂では、階段で「振り返った者」は死、もしくは行方不明になっているとも。生きて戻った者が現れたが、恐怖に怯えてまともな証言が取れないらしい。そしてその、「まともでない証言」が今回の調査の実質的な根拠となっている。】

わたしはその書類を畳んで溜息をついた。

「都市伝説と紛う出来過ぎた舞台設定だな、実に夏向きだ」

十三階楼は、六区に建てられたこの国初の高層ビルである。帝都でも数少ないエレベーターと、その高さを活かした展望台が目玉だが、他にも人形館あり、食事処あり、土産物を売る店もあり、小さいが劇場・寄席ありと、観光名所に娯楽施設としては申し分ない内容である。
実際の階層は十二階なのだが、帝都の人間は昔ながらの気質で験を担いで「四」、死に繋がる「四」の数字を嫌うため、三階の次は四階ではなく五階になっている。三階から五階は中央にあるエレベーターの周りが高い吹き抜けになっており、エレベーターを囲む形で緩やかな螺旋状の階段がある。これが百段あるというので「百段階段」という。此処で起きている何らかの怪異について現地を調査せよ、というのが今回の仕事の内容なのだが……舞台設定が出来過ぎていて、正直文筆に携わる人間の端くれとしては眉唾としか言いようがない。

「カストリ雑誌くらいしか喰いつかないレベルのネタだな」

「とはいえ、実際被害が出ているわけでしょう?」

「酔って幻覚でも見た輩が足を滑らせて転落、というのが真相だろう。階段が増えるだの、行方不明だのは尾ひれというやつなんじゃないか」

書類を振りながら延々毒吐くわたしを見て、獏はとうとう笑い出した。

「まあ、軍の上役の皆さんも、そう思うからアルバイト風情に調査を任せたってことでしょうね」

腕を組んで斜めに傾けた首でこちらを見下ろす、人を小馬鹿にしたような奴の物言いに内心でむっとする。こいつの言葉にではなく、自分も全くそのように思うからこそ腹が立つのだが。

「まあまあ、どうせ”異常ナシ”って書くだけの簡単お仕事なんですから、さっさと終わらせて、お給金で美味しいものでも食べましょうよ」

物の怪のくせに極楽蜻蛉のような言を放って、獏は先に立って進む。わたしは獏の背中に揺れる月の色の髪を見ながら、深く息を吐いた。こいつのこういう鷹揚なところには時々助けられる。物事を難しく細かく考えたがるわたしにはない気楽さだ。まあ、妖魔というやつは人より圧倒的に寿命が長いものだというから、人とは考え方も時間の概念も違うのだろうが。

 


それにしても夜、人のいないこの十三階楼はなかなかに異様である。受付にいた守衛は書類を確認した後、判を捺すなり奥に引っ込んでしまったので、案内もいない。そりゃぁ人死にが出るという噂の場所に、こんな時間に来たがる物好きなどそうそういまいとも思うが。
何故夜になったかと言うと、昼間は観光客がいるので調査はお断り、閉館後にしてくれ、というお達しだったからだ。鳴り物入りで建てたこの建物も、元手の掛かりが多すぎて経営は火の車…ということらしい。そこへのこの怪異の噂である、十三階楼の経営陣もだが、貴重な帝都の名所でもあるわけだし、国も放っておくわけにもいかなかったのだろう。獏の言うとおり、「調査をした」という事実と「異常なし」というお墨付きがあればいいだけなのだ。

 

エレベーターは止まっているので階段で三階まで上がり、噂の百段階段の麓にたどり着く。電気も瓦斯も不要なヨルガ式の常夜灯しか点いていない螺旋階段は薄青の暗がりに沈んで、無限に続くような錯覚を覚えさせる。円状の壁に沿って回り込む石組みの境界線に感じる錯視の歪み、上へと巻き取られてゆく吹き抜けは音も魂も吸い込んで行くようだ。

「仕方ない、さっさと片付けるか」

呟いて足を一歩階段に上げようとしたところを、獏が遮る。

「僕が先に行きます。八葉さんは、二段離れて段数を数えながらついてきてもらえますか? だって噂だと階段、増えるんでしょう? 僕も数えますけど、残りの段数が明瞭に見えたところで、ふたりで段数の答え合わせした方がいいと思うんですよね」

なるほど。こいつにしては珍しく建設的な意見を出す。

「それもそうだ。それじゃあわたしが先に行こう」

頷いて先に行こうとすると、獏は何故か動かぬまま、組んだ腕の片方を口元にあててこちらをじっと見る。微妙な笑い方である。

「何か不都合があるのか? 一応これはわたしの仕事なのだし、わたしが先に立つのが道理だろう」

「いや、構いませんけど……こんな暗いところでふたりっきりで、僕に無防備に背中見せちゃっていいんですか? 僕、何するかわかりませんよ?」

うぐっ、と、予想外のところを突かれて思わずわたしは詰まった。そうなのだ、こいつは味方でもあるが、同時にわたしにとっての天敵でもあるのである。

「~~~~~……わかった、先に行け」

「へいっ、合点承知の助!」

江戸っ子の物言いで応える物の怪に文化的違和感を感じながらも、考えてみれば、こいつはわたしなどよりよほど古くからこの土地に棲んでいるのだから、古い文化が身についているのは当たり前か、と思い直す。
物の怪、バケモノ、妖怪などと人は呼ぶが、生物としてとらえるならば、今暮らしている帝都の住人たちよりよほど先住の民なのだ。

 


一段、二段…
かつん、かつんと冷たく硬い階段を靴底が叩く音だけが響く。ヨルガらんぷの青白い灯が時折ぶれて影を滲ませる。

十五、十六…

薄闇に研ぎ澄まされた耳が、ふたり分の衣擦れの音と微かな呼吸音を捉える。衣擦れの音というのは風が笹の葉をゆする音に似ているのだな、などと頭の片隅で考える。

三十二、三十三…

かつん、かつん。変わらぬ靴音が響く。光の届かぬ隅にまで目を配るが、怪異らしき影や気配はない。

四十九、五十…

こんな環境ではヨルガ式の灯りにときどき起きるという幻の投影、幻像現象が起きれば、それを怪異と勘違いするものも出るだろう。いや、だが事故は開館中に起きているという話だ。こんなよく出来た光景の中ではないはずなのだが。

六十七、六十八…

白んだ石に映るヨルガの淡い灯りは月光のようで、何かの挿絵で見た古い遺跡を思わせた。こんな美しいところに出るものなら、きっと美しい怪異なのではないか。美しいものは美しいからこそ恐ろしいと、ローレライにも、ウンディーネにも、ラナンシーの伝承にもある。美しさに魅せられた人間の魂を持って行く、というのだ。それは魂を獲られてもいいと思うほどの美であり、抗えない魅力なのだろう。何故人というのは無条件に美とその隣にある闇に魅かれるのだろうか。それとも人が魅かれる闇に後から美という名を与えただけなのだろうか。

「八葉さん」

獏の声がわたしを思考の世界から引き戻す。目を上げれば手のひらだけがこちらに向けられ、動きを制している。その背中に「なんだ」と応える。

「今、何段目ですか」

「八十九段だが…」

言いかけて、わたしはその先を飲んだ。獏とわたしの間にある段差は二段である。奴の先にある段数はわたしからは影になって明瞭には見えないが、その声に映った緊張が、事態の異様を感じさせた。

「僕の先にはあと10段あります。計算…合いませんね」

増えた、ということだ。ざわりと頬が粟立つ。まさか、ただの都市伝説ではなかったというのか? 心に走る危機感に脚を引き直す。周囲をもう一度見渡したが変化は読み取れない。何処にいる? 何がいる?

「八葉さん、はそのまま、前方をしっかり見張っていてください、お願いします」

そう言うと、獏の肩が動いた。明らかに、こちらへ向けて。

「おい、まさかおまえ…振り返ったらどうなるかわからないんだぞ!?」

「でもこの事態じゃ、振り返らないと調査にならないじゃないですか」

「それはそうだが…おい、待て、振り返るな」

「まあ僕、バケモノですし、僕の方が”あっち側”に親しいわけですから、僕が振り返った方が安全率高いと思うんですよね」

「何を言ってるんだ、おまえ、正気か? いや馬鹿か!」

「ひどいなあ。まあそれはこの際どっちでもいいので、八葉さんは前方、ちゃんと確認しててくださいね、原因が前方にあるかもしれないし、振り返っちゃうと僕、前は見えないんで」
「じゃ、よろしく頼みます」

「やめろ…振り返るな!!」

振り向く獏の外套を掴んで押し留めようとしたが間に合わない。目の端を、振り返りざま揺れる金色の髪の残像が過ぎて行く。駄目だ。

「うわぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!

 

——なーんちゃって。

あははははは、引っかかりましたー?」

「いや~、八葉さん、超本気で心配してくれてるじゃないですかー。わ~、なんか嬉しいな~。僕、てっきり八葉さんに嫌われてると思ってたので、今すっごく幸せかも」

いつもと変わらぬどころか、いつもよりテンションの高い声で明るく笑う目の前の男を見ているうちに、状況が 飲み込めてきた。要するに わたしは。

こいつに騙されたのだ。

「……貴様」

二の句が唇から離れる前に脚が出た。段差二段に身長差もあって、蹴りは獏の向う脛あたりに決まった。

「痛っ…いきなり何するんですか~」

「どの口が言うかこの人外妖怪魑魅魍魎! おまえにはやはり心というものはないのだな!」

「いや~、せっかくこんなシチュエイションだから、夏の風物詩っていうか、男女ふたり肝試し的な何かにしてみようかと僕なりにですね」

「死ね。今すぐ行方不明にでもなれ。なんならここからあの世へ突き飛ばしてやるぞ」

「えーいやいやいやいや暴力反対ですよ~」

「だいたい仕事中に何を遊んでるんだおまえは…」

「でも」
「理由はわかりましたよ」

わたしの言葉を、獏の言葉が制する。

「こいつです」

目の前に親指と人差し指でつまんだ何かを差し出す。ヨルガ灯の明かりに照らすと、薄緑に透ける薄翅蜉蝣のような、しかし虫ではなく葉脈だけで構成された植物のような、そんなものがそこにはあった。

「割とよく見かける共存型の…ヒトにわかりやすく例えると、宿り木みたいなやつなんですけど。こいつ、共存したものの意識を視覚化して見せる習性があるんです。といっても、こいつ自体は大した力も害もないです。ヒトには根付きませんし。
そこのヨルガ灯についてました。こんな土もないところじゃ他になかったんでしょうね。全然育ってないし、すぐ枯れちゃうと思いますけど。」

「コレが視せていたのは、たぶんこの建物自体に溜まった意識と記憶です。自殺の名所云々もありますけど、これだけ人が集まったら、しかも六区なんて土地柄もありますし、いろいろよくない感情やらが渦巻いててもおかしくないですよ。だから、たまたまコイツと波長が合っちゃったんじゃないですかね、その、おかしくなっちゃったって人。まあ、どんな恐ろしいものを視たのか、ヒトのことはバケモノの僕にはわかりませんけど」

「階段が増える云々も、これが視せた軽微な幻覚ということか」

「でしょうね。幻覚酔いした人が倒れたりはしたかもしれませんけど、資料を見る限りその、”まともな証言が取れない人”って人以外は確認取れてないわけですし、貴方の言うとおり、大きな尾ひれってやつでしょうね」

わたしはまた、今日何度目かの溜息をついた。見上げる回廊にヨルガ灯の光が溢れている。

「全く…幽霊の正体見たり枯れ尾花…だな」

目の前には十三階楼の、五階ロビーが広がっていた。

 


翌日、第二区の帝都勅命軍・零課に赴き、調査報告書を提出した。

「おお~、調べりゃ出てくるもんだな~、やるな新人アルバイト。優秀優秀」

などと上司は無責任に笑った。無精髭にだらしなく前釦を開けた皺だらけの軍服、咥えた紙巻き煙草も乱雑にポケットにでも突っ込んでいたのであろう、輪郭が歪んでいる。さすが「霊課」の隊長、まともな軍人の容貌ではない。しかしその後に洩れた、

「ご苦労さん、危ない仕事をさせたな」

という言葉には心が感じられた。笑うと妙に人懐こく雰囲気が崩れるあたりに下町の匂いがする。思ったよりはまともな人なのかもしれない。

報告書と一緒に、採取した怪異—-暫定で「尾花」と名前をつけておいたが—-も提出した。植物のようなものだというので、瓶の中に土を入れて布で蓋をするという、標本のような状態になってしまったが、枯らしてしまうのは忍びなかった。六区のあのあたりから土がなくなってしまったのは、我々ヒトの勝手なのだ。

 

手続きを終えて零課のある軍舎の門を出ると、向かいの公園の煉瓦塀の前に見知った顔があった。金色の髪に鳥打帽、鉄の柵に腰をかけて、猫背気味に座る細長い外套姿。しっぽのはみ出たひよこのような男である。

「今回は助かった。感謝する」

誰もがそれを都市伝説だ眉唾だと思い込んで危険と考えなかったが、噂がもし噂どおりのものであったなら、最悪死ぬかもしれない仕事だったのだ。自分ですらその危険性を端から疑ってすらいなかった。実際にそこにいたのは小さな怪異だったが、太刀打ちできないものが潜んでいたかもしれない可能性を考えると、改めて寒気がする。
獏は眼鏡ごしに黄緑の目を細めて笑った。

「最初に言ったでしょう。獏というのは世に言われているとおり、主な栄養源はユメなので、貴方に死なれると僕、食いっぱぐれ余生一直線なんですよ。普通の人間のユメ如きじゃ、食ってもあんまり腹の足しにならないんですよね」

そう言われても、何が違うのかよくわからない。何せわたしは人間で、ユメなぞという実体のない物を食うという概念すらない。

「うーん、普通の人間のユメって微弱すぎてスカスカなんですよね。例えて言うなら味のないメレンゲみたいな感じですかね」

「確かにそれは…積極的に食べたいものでははないな…」

「それに較べると、貴方の一族は生まれつきそこらへんの人間とはユメの質が違うので。夢是の血族らしき人間はこのへんではもう長いこと見ないし、だから、貴方には生きててもらわないと僕が困るんです」

「つまりわたしは家畜か。ぞっとしない話だな」

「そうですね、貴方が死ぬときは丸ごといただこうと思ってます。僕、雑食なんで」

「その雑食という言葉は、生物学的な意味で受け取っていいのか?」

「そういうことになりますね」

「主食はユメだが草食で肉食か。主食が抽象的なものの割には、変なところで人間ぽいんだな。まあ魄ということは実体があるのだから、肉体の維持も必要なのは道理か」

「あれ? 意外な反応ですね。僕、今、”ヒトも食いますよ”って、言ったんですけど?」

「ヒトだって鶏や豚や魚を食うじゃないか。捕食対象がヒトであるからという理由で、食うための殺生を悪だと断じるのは筋に合わないだろう。
それに…ヒトはヒトを殺す、どうでもいい理由で、利己的に。そっちの方がよほど悪だと思うがな」

「はー…そう来ましたか。面白いなあ。あれ、なんか僕、ますます八葉さんのこと好きになっちゃいました」

「迷惑な話だな」

「うわー、相変わらずつれないですねえ…傷つくな~」

「おい、給金で美味しい物を食べるとか言ってなかったか? 雑食なら人の食事も摂れるんだろう? 行くぞ」

「……ええ、そうですね」

言って、わたしは歩き出した。遠くに見える二区の先にある繁華街には、夜を飾る瓦斯灯の灯が点り始めていた。

=了=

【LIVE】11/2(木=祝前日) 「キネマ・イン・ザ・ヨルガ ~ みとせのりこ×片霧烈火 de 弘田祭~」@吉祥寺Star Pine’s Cafe

9/23に甲府桜座で行われた、みとせのりこ、片霧烈火、弘田佳孝とヨルガバンドによるスペシャルコラボライヴ、熱いお声にお応えして&瓢箪から駒の「帝都再宴」が決定いたしました!

弘田佳孝とのコラボアルバムを出している片霧烈火(「キネマ・イン・ザ・ホール」)、みとせのりこ(「ヨルガ」シリーズ)の二人が、弘田佳孝と共に贈るスペシャルコラボLIVE「キネマ・イン・ザ・ヨルガ」。この2枚はいずれも「帝都」「大正昭和レトロモダン」「和洋折衷」などの共通の世界観とキーワードを持っています。そんなふたつの世界と音を、帝都では高い天井と美麗な音響・照明を擁する(そしておさけとごはんがおいしい)「吉祥寺Star Pine’s Cafeにてお届けいたします。

みとせのりこ×片霧烈火、両名ただの一度もステージから退がらず互いの曲のときにもコーラス参加の本気を見せるこのステージ、作編曲家である弘田佳孝はベーシストとして参加。演奏はヨルガバンドの面々、Keyboards=佐藤真也、Guitar=Dani、Drums=諏訪昌孝と、鉄板の布陣です。

桜座での初演を経て、さらに進化したコラボレーションに変幻自在の手練れミュージシャンによる最強にして(さらに自由な)ライヴ。桜座を見逃した紳士淑女の皆々様、二度目をご所望くださる皆様、帝都・宴の席にてお待ち申し上げております。


◆キネマ・イン・ザ・ヨルガ – 帝都再宴 –
~ みとせのりこ×片霧烈火 de 弘田祭~

とき:
11/2(木・祝前日)  18:30 開場 / 19:15 開演

ところ:
吉祥寺Star Pine’s Cafe

出演:
Vocal:みとせのりこ
Vocal:片霧烈火
Bass:弘田=kluko=佳孝
Keyboards:佐藤真也
Guitar:Dani
Drums:諏訪昌孝

Charge:
前売:4000円(ドリンク別) ※全員着席、座席指定なし、整理番号順入場
当日:4500円(ドリンク別) ※全員着席、座席指定なし、整理番号順入場
⇒当日受付にて1Drinkのオーダーが別途必要となります
※チケット代+ドリンク代の精算は当日、入場時に受付にて

ご予約方法:WEB予約⇒ご予約フォーム( https://goo.gl/forms/wZ6uYXkNFwR5mlVK2 )
ご予約受付開始日:10月3日(火) 00:00~
※2日が3日に変わる午前0時=体感的には2日深夜24時です、お間違いありませんよう

※3日0時より前のお申し込みは無効となりますのでご注意下さい。
※メールのタイムスタンプによる先着順受付、定員に達し次第受付終了。
※記載漏れがありますとご予約をお受けできないことがありますのでご注意下さい。
※受付番号が当日の入場整理番号となりますので、よいお席をご希望の方(※「◆お席について」をご参照下さい)は早めのお申込をお勧め致します。

◆お席について
整理番号は開場時間の入場順を示すもので、会場内では自由席となります。お席は全員分ご用意しますので座れないということは基本的にはありませんが、ご希望の位置をお選びになりたい方は早めのご予約をお勧めいたします。また、ご面倒をお掛けしますが、当日は適宜お繰り合わせの上、お席を選んで下さいますようご協力をお願い致します。
※入場時間に遅れて整理番号より後に会場内に入られた場合、たいへん恐縮ですが整理番号によるお席の優先権は保証できません。ご入場時点で空いているお席から選んでお座りいただく形になります。ご了承いただけますようお願いいたします。

【LIVE】9/23(土) 「キネマ・イン・ザ・ヨルガ ~ みとせのりこ×片霧烈火 de 弘田祭~」@甲府桜座

弘田佳孝とのコラボアルバムを出している片霧烈火(「キネマ・イン・ザ・ホール」)、みとせのりこ(「ヨルガ」シリーズ)の二人が、弘田佳孝と共に贈るスペシャルコラボLIVE「キネマ・イン・ザ・ヨルガ」。この2枚はいずれも「帝都」「大正昭和レトロモダン」「和洋折衷」などの共通の世界観とキーワードを持っています。そんなふたつの世界と音を、明治時代の芝居小屋をそのままライヴハウスに改装した甲府・桜座の特別な空間で、特別なコラボレーションでお届けします。

みとせのりこ×片霧烈火の本格的タッグ、作編曲家である弘田佳孝はベーシストとして参加。演奏はヨルガバンドの面々、Keyboards=佐藤真也、Guitar=Dani、Drums=諏訪昌孝と、鉄板の布陣。

みとせのりこ×片霧烈火×弘田佳孝、初のコラボレーションに変幻自在の手練れミュージシャンによる最強のライヴ。この歴史に残る瞬間を、紳士淑女の皆々様、努々見逃すなかれ!

ーーーーー

◆9/23(土) 「キネマ・イン・ザ・ヨルガ ~ みとせのりこ×片霧烈火 de 弘田祭~」@甲府桜座

同時開催:一期市(会場内喫茶スペースで開催する市場)

とき:
9/23(土)  15:15 開場 / 16:00 開演
※新宿までの特急終電は21時過ぎ発。都内近郊の方は日帰りも可能です。

ところ:
甲府桜座 http://www.sakuraza.jp/

出演:
Vocal:みとせのりこ
Vocal:片霧烈火
Bass:弘田=kluko=佳孝
Keyboards:佐藤真也
Guitar:Dani
Drums:諏訪昌孝

Charge:
前売:4000円(ドリンク別) ※全員着席、座席指定なし、整理番号順入場
当日:4500円(ドリンク別) ※全員着席、座席指定なし、整理番号順入場
⇒当日受付にて1Drink(¥500-)のオーダーが別途必要となります
※チケット代+ドリンク代の精算は当日、入場時に受付にて
ご予約方法:桜座メール予約(当日精算)
公演日・出演者名・予約者氏名・予約人数・電話番号・E-mail(お申し込みと違うアドレスで受け取りたい場合)を記入してお申込みください。
→[kofu@sakuraza.jp]
ご予約受付開始日:8月3日(木) 00:00~
※2日が3日に変わる午前0時=体感的には2日深夜24時です、お間違いありませんよう

※3日0時より前のお申し込みは無効となりますのでご注意下さい。
※メールのタイムスタンプによる先着順受付、定員に達し次第受付終了。
※記載漏れがありますとご予約をお受けできないことがありますのでご注意下さい。
※受付番号が当日の入場整理番号となりますので、よいお席をご希望の方(※「◆お席について」をご参照下さい)は早めのお申込をお勧め致します。
◆お席について
整理番号は開場時間の入場順を示すもので、会場に入りましたらお席は自由席(桜座は桟敷の椅子席を除き畳敷きの階段席です。靴を脱いでの直座となります)。お席は全員分ご用意しますので座れないということは基本的にはありませんが、ご希望の位置をお選びになりたい方は早めのご予約をお勧めいたします。また、ご面倒をお掛けしますが、当日は適宜お繰り合わせの上、お席を選んで下さいますようご協力をお願い致します。
※入場時間に遅れて整理番号より後に会場内に入られた場合、たいへん恐縮ですが整理番号によるお席の優先権は保証できません。ご入場時点で空いているお席から選んでお座りいただく形になります。ご了承いただけますようお願いいたします。

【LIVE】ヨルガツアー「出征~睡晶夜行~」セットリスト

◆[セットリスト]7/14@京都 磔磔
0.[S.E.]U.T.M
1.天の鈴
2.珠の舟
3.月待塔余話
4.夢ヲ買イ〼
5.[アカペラ]赤い靴
6.金糸雀哀歌
7.桜散ル夜 ~ハナチルヤ~
8.世界は僕の睛の中の映画
9.少年は夜を駆ける
10.鬼祓エ
11.軍楽~隊歌零番~
12.黄泉逝燈籠
13.世にも奇妙で不思議なランタン
14.狐-キツネツキ-月
En.
15.[アカペラ]盗めない宝石
16.異界の底に棲むモノは
◆[セットリスト]7/15@名古屋TOKUZO
第一部
0.[S.E.]Circulation
1.異界の底に棲むモノは
2.軍楽~隊歌零番~
3.世界は僕の睛の中の映画
4.月待塔余話
5.桜散ル夜 ~ハナチルヤ~
6.少年は夜を駆ける
7.[アカペラ]蘇州夜曲
8.金糸雀哀歌
第二部
0.[S.E.]切り裂きジャック
9.夢ヲ買イ〼
10.人工庭園は翆緑石の雨に霞む
11.鬼祓エ
12.片羽のコトリ
13.狐-キツネツキ-月
14.世にも奇妙で不思議なランタン
15.黄泉逝燈籠
En.
16.[アカペラ]盗めない宝石
17.ヨルガ~睡晶
18.天の鈴
19.軍楽、再

◆[セットリスト]7/14@京都 磔磔

0.[S.E.]U.T.M

1.天の鈴

2.珠の舟

3.月待塔余話

4.夢ヲ買イ〼

5.[アカペラ]赤い靴

6.金糸雀哀歌

7.桜散ル夜 ~ハナチルヤ~

8.世界は僕の睛の中の映画

9.少年は夜を駆ける

10.鬼祓エ

11.軍楽~隊歌零番~

12.黄泉逝燈籠

13.世にも奇妙で不思議なランタン

14.狐-キツネツキ-月

En.

15.[アカペラ]盗めない宝石

16.異界の底に棲むモノは

*

◆[セットリスト]7/15@名古屋TOKUZO

第一部

0.[S.E.]Circulation

1.異界の底に棲むモノは

2.軍楽~隊歌零番~

3.世界は僕の睛の中の映画

4.月待塔余話

5.桜散ル夜 ~ハナチルヤ~

6.少年は夜を駆ける

7.[アカペラ]蘇州夜曲

8.金糸雀哀歌

第二部

0.[S.E.]切り裂きジャック

9.夢ヲ買イ〼

10.人工庭園は翆緑石の雨に霞む

11.鬼祓エ

12.片羽のコトリ

13.狐-キツネツキ-月

14.世にも奇妙で不思議なランタン

15.黄泉逝燈籠

En.

16.[アカペラ]盗めない宝石

17.ヨルガ~睡晶

18.天の鈴

19.軍楽、再

京都異界案内(三カ所だけ)

ヨルガの京都名古屋ツアーに際して、せっかく京都出身なので詳細な京都異界案内を。と思っていたのですが、今回は時間の都合で…
よく知っている自分の地元の三カ所だけご紹介させて下さい。観光を兼ねてライブにいらっしゃる方のご参考までに。

石峰寺:京都市伏見区深草石峰寺山町26
江戸時代中期の京都画壇を代表する画家「伊藤若冲」のお墓がある寺院。本堂の裏山、木漏れ日の揺れる竹林の中には、若冲が下絵を描いたという五百羅漢の石仏群が点在します。長年の風化でより趣深く、時の流れが俗世とは異なる静謐な空間、風景です。五百羅漢は撮影禁止なのでご注意を。京阪深草駅から徒歩10分ほど。ちなみにここから伏見稲荷まで京阪で1駅、徒歩10分ほどです。

伏見稲荷大社:京都市伏見区深草藪之内町68
観光名所なのでそれなりに混雑しているかと思いますが、有名な千本鳥居は、まさしく異界の美しさ。稲荷山を登っていきますと四つ辻の辺りから人は減って来ます。四つ辻にはお茶屋があったり、展望もよく空気も綺麗です。山頂までは1時間半ほどの登山で、清少納言が「枕草子」で稲荷山登山に挑戦したことを書いていますが、彼女は途中でギブアップしてしまったそうで。スニーカー推奨です。暗くなってからは、ぼんぼりの灯りだけで千本鳥居をくぐり進んでいく、まさに異界の雰囲気ですよ。無印ヨルガの「狐月-キツネツキ-」を歌いながらぜひ。

光明院:京都市東山区本町15−809
紅葉の絶景で知られる臨済宗総本山、京都最大の伽藍、東福寺 ”の周辺に設けられた小寺院”が「光明院」です。光明院は苔庭の美しさから「虹の苔寺」とも呼ばれています。白砂は海を表し、苔に配置された小石は波飛沫を表すそうで、現世を越えたミニマルな宇宙とも思えるような庭園の美しさは、異界を訪れた感覚にさせてくれます。京阪の伏見稲荷駅から2駅ですが、本町通を伏見人形(土人形の元祖、ユーモラスで民俗的な美しさ)のお店のディスプレイなどを見ながらテクテク歩くと20分ほどで着きますので、元気でしたら徒歩での散策もおすすめ。

◆みとせライヴの基礎知識2017~ヨルガツアー版~

どんなものにも必ず「初めて」というものはありまして、当然ですが「ライヴハウスに初めて行く」という方もおいでになることと思います。そして今年のツアーは「ヨルガバンド」で行く初めてのツアー。みとせは京都での公演も初めてです。そんなお互い初めてどうしの部分もありますゆえ、よくいただくライヴについての疑問へのお答えや、みとせライヴではこんな形でやっていますという独自のお約束などを順次更新して参ります。個々のライヴハウスに よってお作法が微妙に違う部分もあるのですが、だいたいこんな感じです、ということで、「みとせライヴの基礎知識」、ライヴにおいでくださる皆様、ライヴにわからないことがある皆様はご一読頂けますと幸いです。

※みとせライヴ独自のものですが、皆様が気持ちよく過ごせるお時間のためのお願いがあります。ライヴ猛者の皆様も、お手数ですが「ご同行者様のお席の確保について」はご確認いただけますようお願いいたします。

  1. 当日の終演時間目安と、ラストオーダー、閉場時間の目安について(このページ)
  2. 当日の物販やグッズと、斉唱曲歌詞及び応援グッズについて(みとせのりこSiteへとびます)
  3. ライヴハウスの基本システム~ご来場、入場から開演前までの楽しみ方 (後ほど更新)
  4. みとせライヴのローカルルール~演奏時間やライヴマナー、お席のこと、他(後ほど更新)
  5. みとせライヴのローカルルール~物販やサイン、差し入れのこと、終演後のこと(後ほど更新)
  6. みとせライヴの魅力を述べよ。(ツイッターで皆様からいただいた感想をまとめたものです)

1.当日の終演時間目安と、ラストオーダー、閉場時間の目安について
交通手段や終電などでやはり気になる終演時間、閉場時間。それぞれの会場ごとに規定と目安をご案内いたします。帰路選びや終演後のご予定を立てる参考になさってください。

7/14(金) 京都 磔磔

開場:18:00

開演:19:00(中休憩ナシ、一部構成)

終演:21:00(音止め時間)

フードラストオーダー:22:30(ドリンクラストオーダー:23:00)

閉場:23:20目安

磔磔は21時音止めです。「音止め」というのは、スピーカーから大きな音が出せなくなることを言います。つまり21時には必ず終演しているということです。19時開演、21時音止めと、いつものみとせライヴより時間が短い分、京都公演は中休憩を挟まずに、開演から終演まで通しの一部構成で、できるだけたくさん曲をお届けいたします。

21時の音止め以降はフロアはバー営業になります。フードも22時半まではオーダーでき(メニュー)、客席で飲食もゆっくりしていただけます。みとせやメンバーも終演後は客席に出て、(たぶんライヴ後の一杯を引っ掛けながら)サインなどもさせていただきます。終演が早い分、サインや交流のお時間が長く取れるということで、どうぞ遠慮なくお声掛けてやってください。(サインや撮影などをご希望の方は、「みとせライヴのローカルルール(後ほど更新)」をご一読くださいますようお願いします)

ラストオーダー後、閉場は23時半目安です。

*

7/15(土) 名古屋TOKUZO

開場:17:30

開演:18:30(中休憩あり、二部構成)

終演:21:40予定

※終演後TOKUZOは朝5時まで営業の居酒屋(メニュー)になります

この日は開場が17時半と早めです。お間違いなくおいでください。

開場・開演が早い分、中休憩もゆったり挟んだ前半後半の二部構成で、MCもゆっくり楽しんでいただけると思いますし、美味しいごはんとおさけもゆっくり楽しんでいただけると思います。MC中のオーダーもOKです、TOKUZOスタッフさんがきっちり対応してくれます。

終演は21時45分頃を予定しています(TOKUZOさんの音止め時間は22時なので、22時には何があっても終演しています)。

終演後のTOKUZOはそのまま朝5時まで営業の居酒屋になります。ツアーもこの日が最終日、みとせも翌日の公演を控えておりませんので、2杯目以降もおさけが飲めます! メンバーもフロアに出まして、お時間に余裕のある方は我々と共にぷちナカウチの乾杯をいたしましょう!

乾杯が無事できましたらみとせもメンバーも、喜んでサインなどさせていただきますので、遠慮なくお声をおかけください。営業時間内はTOKUZOで過ごすことができますが、終電の時間などそれぞれのご都合をお忘れなきようご留意ただけますようお願いします。そしてみとせには終電の都合はありませんが、おそらく2日間の体力消費で25時くらいににんげんの電源が切れるのではないかと思います。サイン等のご要望は電池切れ前までに(笑)お願いいたします。

*

■ヨルガ公式ツアーTシャツ  「邪鬼祓」

DD-mQLoU0AAumxp

DD-mQLoU0AEbITL

サイズ展開:S/M/L/XL (画像クリックで拡大します)

ボディカラー:ホワイト

プリントカラー:黒、赤、墨

価格:¥3000

和柄Tシャツ工房~靖~謹製

『ヨルガⅡ』収録の人気曲「鬼祓エ」に着想し、退魔の御札をイメージしたTシャツ。版からプリントまですべてを手作業でこなした、帝都の土産屋「靖」の手仕事が光る一枚です。丈夫で長持ち、サイズ展開も豊富。男女どちらが着ても様になる絶妙な匙加減の和柄で、普段着にも着られるデザインです。

*

◇ヨルガ公式応援グッズ

■「帝都復興機関詞」応援旗印作成キット

S__17571846

ライヴTシャツの制作を担当する「和柄Tシャツ工房~靖~」さんからモチーフをいただいて、小さな旗を作れるキットをつくりました。プリンターとA4の紙、割り箸をご用意ください。切って貼るだけでできあがりです。ライヴといえば「うちわ」が主流ですが、ヨルガの世界観なら「旗」でしょう! 是非この旗印をその手に掲げ、隊歌零番、共に斉唱いたしませう。終演後、御旗にサインをもらうのもアリですよ?

ダウンロード (PDF)

■「軍楽~隊歌零番~」斉唱のための歌詞

lyric

ライヴではお席の皆様も共に斉唱するのが定番となっております「軍楽~隊歌零番~」の歌詞です。当日これと同じものをお配りしますが、先んじて練習されたい方、自分専用の歌詞カードをお持ちになりたい方に。

ダウンロード (PDF)

.

.

■「軍楽~隊歌零番~」斉唱のための歌詞

lyric

ライヴではお席の皆様も共に斉唱するのが定番となっております「軍楽~隊歌零番~」の歌詞です。当日これと同じものをお配りしますが、先んじて練習されたい方、自分専用の歌詞カードをお持ちになりたい方に。

ダウンロード (PDF)


■7/14(金) 京都 磔磔
開場:18:00
開演:19:00(中休憩ナシ、一部構成)
終演:21:00(音止め時間)
ドリンクラストオーダー:22:30
閉場:23時目安
磔磔は21時音止めです。「音止め」というのは、スピーカーから大きな音が出せなくなることを言います。つまり21時には必ず終演しているということです。19時開演、21時音止めと、いつものみとせライヴより時間が短い分、京都公演は中休憩を挟まずに、開演から終演まで通しの一部構成で、できるだけたくさん曲をお届けいたします。
21時の音止め以降はフロアはバー営業になります。ドリンクやフードも22時半まではオーダーでき、客席で飲食もゆっくりしていただけます。みとせやメンバーも終演後は客席に出て、(たぶんライヴ後の一杯を引っ掛けながら)サインなどもさせていただきます。終演が早い分、サインや交流のお時間が長く取れるということで、どうぞ遠慮なくお声掛けてやってください。(サインや撮影などをご希望の方は、こちらの「みとせライヴのローカルルール」をご一読くださいますようお願いします)
ラストオーダー後、閉場は23時目安です。
■7/15(土) 名古屋TOKUZO
開場:17:30
開演:18:30(中休憩あり、二部構成)
終演:21:40予定
※終演後TOKUZOは朝5時まで営業の居酒屋になります
この日は開場が17時半と早めです。お間違いなくおいでください。
開場・開演が早い分、中休憩もゆったり挟んだ前半後半の二部構成で、MCもゆっくり楽しんでいただけると思いますし、美味しいごはんとおさけもゆっくり楽しんでいただけると思います。MC中のオーダーもOKです、TOKUZOスタッフさんがきっちり対応してくれます。
終演は21時45分頃を予定しています(TOKUZOさんの音止め時間は22時なので、22時には何があっても終演しています)。
終演後のTOKUZOはそのまま朝5時まで営業の居酒屋になります。ツアーもこの日が最終日、みとせも翌日の公演を控えておりませんので、2杯目以降のおさけも飲めます! メンバーもフロアに出まして、お時間に余裕のある方は我々と共にぷちナカウチの乾杯をいたしましょう!
乾杯が無事できましたらみとせもメンバーも、喜んでサインなどさせていただきますので、遠慮なくお声をおかけください。営業時間内はTOKUZOで過ごすことができますが、終電の時間などそれぞれのご都合をお忘れなきようご留意ください。そしてみとせには終電の都合はありませんが、おそらく2日間の体力消費で25時くらいににんげんの電源が切れるのではないかと思います(笑)。サイン等のご要望は電池切れ前までにお願いいたします。
※「ライヴハウスの基本システム~ご来場、入場から開演前までの楽しみ方」は、次回更新!

【ヨルガ通信】WEBラヂオ「ヨルガ通信第二回」


再生ボタンが表示されない方はこちらから

パーソナリティ
みとせのりこ + 弘田佳孝

*
WEBラヂオ「ヨルガ通信第二回」

「ヨルガⅡ」発売を記念してのスペシャル企画WEBラヂオ「ヨルガ通信 第二回」。収録曲人気投票の結果発表に、アルバムの世界観や帝都の歩き方ガイドである「ヨルガ地図[MAP]」のコーナー、皆様からのお便りを紹介しつつ裏話を語る「ヨルガ郵便[POST]」や、みとせのりこによるSS小説の朗読「ヨルガ文庫」と、盛りだくさんの1時間をお届けいたします。

【WEBラジオ】「ヨルガ通信」3/7(金)23:00~配信開始

radio_bn_02

「ヨルガⅡ」発売記念 WEBラヂオ『ヨルガ通信』、4/7(金)23:00より、配信開始!!

楽曲人気投票にお便り、たくさんのご協力有難うございました。おかげさまで語りきれないくらいの話題があり、1時間ほどの番組になりました。人気投票で高順位だった曲について語ったり、SSの朗読をしたり、ネット越しに共に飲んだり飲んだりしながら、より地図が深く広くなったこの世界の、帝都(まち)歩きを是非ご一緒に。

「ヨルガⅡ」収録曲人気投票、継続のお知らせ

book_image01

「ヨルガII」楽曲人気投票に御参加頂きました皆様、まことに有り難うございました。
「ヨルガ通信」収録の為、投票は一旦集計させて頂きますが、受付は引き続きいたします。投票出来なかった方もあらためまして、ぜひ宜しくお願いいたします。

アルバム、ライヴへの感想、質問などのメッセージも引き続きお待ちしております!

■収録曲人気投票フォーム

■お便りフォーム

【WEBラジオ】「ヨルガ通信」配信決定!収録曲人気投票&お便り募集(24日0時〆切)

radio_bn

「ヨルガⅡ」発売記念 WEBラヂオ『ヨルガ通信』、配信決定!!

無印ヨルガのときにも配信し、ご好評をいただいたWEBラジオ「ヨルガ通信」、「ヨルガⅡ」発売の今回もやらせていただくことになりました。収録曲人気投票(ひとり三曲まで!)も行います。高順位だった曲の裏話を語ったり、SSの朗読をしたり、ネット越しに共に飲んだり飲んだりしながら、より地図が深く広くなったこの世界の、帝都(まち)歩きを是非ご一緒に。

配信時期は四月上旬予定。日時が決まり次第おしらせいたします。まずは皆様、清き三票と、是非お便りを。〆切は3/24 0時です。

■収録曲人気投票フォーム

■お便りフォーム